「デリヘル姫と黒騎士」のあらすじ解説就活中に超有名企業のRUK社の内定を蹴るというとんでもない女子大生がいた。その女子の名は豊田ひなこと言うのであった。

だが実はこの有名企業の内定を蹴るにはそれ相応の理由があるのであった。それは父親が事業で背負った8000万円の借金を残して失踪してしまったのである!!

ひなこは父の代わりに借金を背負う事となり、OLになっていては一生返せないと思い、デリヘル風俗店で働くことにしたのであった。そして研修を受けて本番当日を迎える。

最初の客から呼び出されのは、超高級ホテルの最上階のスイートルームだったのだ。客の中には金持ちの変態もいると聞いていたので警戒するひなこだった。

だが客はひなこに対して、この仕事は向いていないと言って連絡先のメモを渡してから去っていく際にひなこの本名を知っていると告げるのであった・・・。

一流大学に通っている女子が大企業の内定を蹴って、まさかの風俗嬢になるという「デリヘル姫と黒騎士」という作品が登場しました!

父親が8000万の借金を残して消えてしまう所からひなこの人生はズレ始めていくんですね。普通にOLやってても返せる額ではないですからね。

そこでてっとり早く稼げるデリヘルで働くことにするんだけど、最初の客がどうやらひなこの事を知っているような口ぶりで連絡先のメモを渡してきます。

その後、他の客の対応をしている時に怪しげな薬を飲まされて意識が朦朧としている時にメモをくれた彼に連絡をして助けてもらう事にしてから一気に話が進んでいきます!

ひなこはこの男の事を分からずにいたけれど、男は昔からひなこの事を知っていると言って、借金の8000万を肩代わりしてしまい、一緒に生活する事になっていきます♪
引越し 見積り 愛媛県