長時間前の事業だった。私は死にたいと願っていた。
二浪内輪の私は塾もやめてしまい、父母は激怒して仕送りをしてくれなくなり、そういった状態でオフ籠り家計が年間。意気込み斗は一報チャージ未払いで立ち寄り、水道と電気もまもなくとどまる。
だからその目に自分の生活を断つ。首を吊って死のう。そう思ったのだが、ベルトをかていた留めツールが妨害単位飛びてしまい、自殺は負け戦。
「はぁはぁ……危なかった。いや、危なっかしくて良いんだよ。首釣ろうとしてたんだから……えっ、光線が見落してる。落とし穴が開いてるぞ……」
そこには衝撃の景色が広がっていた。ういういしい女性が肌着形で私の前を通ったのだ。
どうもこういう落とし穴、隣家建物が真っ裸らしく、しかも横は実に初々しいキレイ氏。以上、私は恋人のお味わい時刻や着替えを見分ける事が味わいとなり、通じる用事と化した。
落とし穴から恋人を見分ける事が私の生きがいとなった。
だがある日のミッドナイト、恋人のホールにメンズが入ってきて、恋人を犯そうとした。
「本気かよ……け、警察!警察呼ばなきゃ!」
私は携帯を取り出すが、額面未払いでTELも避けられていたんだった。
しかし、その後に見た景色はひときわショッキングな物質だった……。
恋人はベッドの間近にあったカッターを戦法に取り去り、メンズの首を横一線に切り裂いた。鮮血が恋人の裸体に降り注ぎ、血液に濡れた恋人。何度も何度もメンズの首を斬り裂き……、神が随分魔神と化した瞬間だった。でも私は恋人をかわいがりてある。
善悪続きは中身で!
福井県の興信所